TOP 9/12UP お知らせ

面談30分2,100円

面談納得プラン4,200円 ツボちゃんへのよくある質問 不払いにされない秘訣
   メディコム  お問合せ

贈与する人の気持ち・相続する人の気持ち

贈与者(贈与する人)被相続人(亡くなった人)はどういう気持ちなのでしょうか?
自分の財産を自分が生きているうちに誰かに引き継ぐか、亡くなってから引き継ぐか ですが、預貯金などは、自分の子供等へ有効に使ってもらえるよう贈与(住宅資金等)し、先祖代々の土地などは、被相続人が最後まで守り抜いて、亡くなってから相続人へ引き継ぎたいという想いのようです。

贈与者は生前中に誰々に多く純資産を贈与したいとか、平等に贈与したいとか思い入れがあるようです。

ただ、世の中はそんなに甘くなく、多額の贈与には贈与税という税金が発生します。 確かに法律ですので、贈与税は支払わなくてはいけませんが、出来ることなら財産を減らしてまで贈与はしたくありません。

実は、保険を活用することにより、贈与税の盲点をついて、極力贈与税を少なくする方法がありますので、順次UP致します

次に相続ですが、私の父が早くに他界しましたが、不動産の所有権が数十年そのままになってまして結局母が売却したのですが、相続放棄を一方的にさせられまして(私には今の不動産があるという理由で)何となく腑に落ちないのですが(笑) この場合も、法的には対処出来るのですが、後述しますが、被相続人を悲しませたくないので実印を押しました。(苦笑)妹よ、うらやましい。

相続は複雑でして、よく争続とも言われますが、当の本人が亡くなっているため、相続人同士で話をしなければいけません。普通ならば遺産分割協議で仲良く分け合い終わりたい ところですが、お金が絡む事なので、中々うまく行かないようです。

私としては、生前遺産分割協議をすればいいと思うのですが、この時点では相続が発生しておりませんので、法的に有効ではなく、紳士協定みたいなものになってしまいます。 ただ、争いを最小限に食い止めるにも、生前分割協議は意思表示としてはいいのかと思います。

又、争続にならない為にも、多くの土地所有者、オーナー企業の社長様はきっちりと相続対策を練らなければいけません。 相続争いは第三者から見ると、滑稽ですし、被相続人も天国で悲しまないよう対策をしなければいけません。これも順次UPしていきます。






勧誘方針

プライパシーポリシー

会社について.

つがるプロレス

.
.

.